大阪で仲介手数料が無料になるケースはどんな時ですか?

大阪で仲介手数料が無料になるケースは、売主が業者の場合です。

新築、中古 にかかわらず手数料が無料になる場合がほとんどです。 ごくまれに、手数料が半額になる場合があります。

なぜ売主が業者の場合に仲介手数料が無料になるかというと弊社は売主から正規の仲介手数料(物件価格の3%+6万円+消費税)を頂けるので買主(お客様)から頂かなくても十分に儲かるからです。

ちなみに3000万円の物件の場合¥1036800円です。普通の一般の不動産業者は、買主(お客様)からも頂くので、3000万円の物件の売買仲介で¥2073600円の仲介手数料がもらえるわけです。

売主と買主両方から仲介手数料を頂くことを、不動産業界では<両手>といいます

無料にならない理由は?

売主が業者ではない(一般個人)場合が、無料になりません。普通、市場に出てる中古物件の約8割は一般個人の方が売主です。

この場合売主には、別の不動産仲介業者が付きます。仮にその業者をA社とします。不動産売買契約が終結し所有権移転登記が済めば売主はA社に仲介手数料を支払います。

弊社の場合、買主(お客様)から仲介手数料を頂かないと、どこからもお金が入ってこないので、買主(お客様)から仲介手数料を頂きます。ただし一般の不動産業者の半額です。

3000万円の物件の場合¥518400円です。売主と買主のどちらか一方から仲介手数料を頂く事を、不動産業界では<片手>といいます。

そもそも仲介手数料とは?

仲介手数料とは、不動産業者を通して不動産売買契約あるいは不動産賃貸契約を結んだ場合に、不動産会社に対して支払う報酬のことです。媒介手数料ともいいます。

不動産仲介手数料は、その上限が法律で決まっています。売買契約の場合¥200万円以下の金額に5%+消費税¥200万円を超え¥400万円以下の金額に4%+消費税、¥400万円を超える金額に3%と消費税がかかります。字で書くとわかりにくいですが、例えば¥3000万円の物件の場合¥200万円までの報酬は5%なので¥200万円×5%=¥10万円です。

3%とは差額が4万円です。¥201万円から¥400万円までは¥200万円×4%なので8万円です。3%とは差額が2万円です。そして¥401万円から¥3000万円までは¥2600万円×3%なので¥78万円です。

これらを足しますと¥10万円+¥8万円+¥78万円=¥96万円+消費税(8%)=¥1036800円になります。 ただしこの計算は面倒なので物件価格が¥400万円を超える場合は、物件価格×3%+6万円+消費税という簡易式の計算をします。

ほとんどの不動産業者が法律で定められている上限いっぱいを請求しているのが現状です。弊社では無料か半額です。

仲介手数料は、なぜ発生する?

個人と個人の取引ならば不動産仲介手数料は発生しません。ですから不動産業者に仲介を依頼しなければ不動産仲介手数料はいらないのです。

まとめ

大阪で仲介手数料が無料になるケースは、1売主が業者であること。2、売主、買主両方から仲介手数料をいただける場合は、買主(お客様)からは仲介手数料はいただきません。

以上のケースとなります。


一覧に戻る