仲介手数料って値切ってよいもの?

不動産売買契約、不動産賃貸借契約、どちらも値切ってよいと思います。
しかし嫌がられます(笑)。普通は、不動産仲介業の場合、売買、賃貸を問わず仲介手数料だけが収入だからです。

賃貸契約の場合は、仲介手数料を値切るよりも、敷金や礼金を値切るほうが値切りやすいですよ。 大家さん(オーナー)によっては敷金を値切られるのを嫌がる方も多いです。理由は、敷金は保険みたいなものですからね。

家賃滞納や、室内を汚されたりした場合の保険(担保)ですから。
礼金は最初に払うだけなんですけど、大家さんは預かり金じゃなくて、返さなくていいお金なので一番値引き交渉がしやすいです。

売買契約の場合も、仲介手数料は値切りにくいです。最初から仲介手数料無料、仲介手数料半額などと謳っている不動産業者以外では難しいと思います。

仲介手数料を値切る方がおられますが、不動産を購入する場合は、物件価格
や諸費用を値切る方が値引きしやすいです。

仲介手数料以外にかかる費用は交渉できる?

不動産を購入する時にはいろいろな諸費用がかかります。値引き交渉出来るもの出来ないもの色々ありますので説明しますね。

登記費用

登記費用とは、登録免許税、印紙税、司法書士へ払う報酬です。
登録免許税と印紙税は値引き出来ません。司法書士へ払う報酬は値引き交渉出来ます。

報酬額は決まっていませんのでネットなどで相場を調べて交渉してみましょう。

表示登記

表示登記とは、新築物件を購入する時に土地家屋調査士に支払う費用です。

ほとんどの場合売主の決めた土地家屋調査士です。値引き交渉よりも、自分で土地家屋調査士を探したほうが費用を抑えられます。

火災保険

火災保険は、物件の構造や加入する火災保険のプランによって価格がちがいます。

仲介業者や、住宅ローンを組む場合は銀行が色々な商品をすすめてきますが、自分自身で調べてみてください。費用を抑えれる商品がけっこうあります。値引き交渉は、出来ません。

固定資産税 都市計画税

売主と買主(お客様)で決済日に日割り清算します。値引き交渉は出来ません。

管理費、修繕積立費

マンションを購入する場合に必要になります。値引き交渉は出来ません。

印紙

不動産購入にかかる印紙は売買契約書に貼付する印紙と、住宅ローンを組む場合に金融機関と交わす金消契約で必要な印紙です。値引き交渉は出来ません。

事務手数料

ここでいう事務手数料は、金融機関にはらう事務手数料です。住宅ローンを組む方は必要です。値引き交渉は出来ません。

保証料

住宅ローンを組む場合に保証会社に支払うお金です。値引き交渉は出来ませんが、金融機関によって保証料が要らない所もあります。

最近は金利も安いですし金融機関は自分で調べるべきだと思います。金利の安さで選ぶなら、ネット銀行が安いです。

ローン事務手数料

不動産会社に支払う手数料です。だいたい5万円~20万円位ですが30万円取る不動産会社もあります。値引き交渉出来ます。最近では無料の不動産業者もたくさんあります。弊社も頂いておりません。

値引き交渉のコツは?

賃貸物件でも売買物件でも、気に入った物件があれば別々の業者で2回以上内覧することです。そして不動産業者の担当営業マンに他社の案内で内覧した事を伝えます。

これだけでもだいぶ違います。ショッピングでも商売でも、同じ物なら安い方の商品を買いますよね?

商売では、あいみつを取るといいますが、天秤にかけて(言い方は悪いですが)条件の良いほうで契約する事です。

その交渉のなかで他社でも内覧した事を伝えたらいいと思います。

(この物件は他の業者の仲介でも買える(借りれる)事を私は知ってますよ)

担当営業マンは、そういうふうに言われてるように感じますから値引き交渉も有利に進めれますよ。

でもあまり強引なことを言い過ぎないように気をつけましょう。

まとめ

仲介手数料は、値切っていいです。ただし賃貸借契約の場合は礼金などの方が値切りやすいです。

売買契約の場合は、仲介手数料無料や、仲介手数料半額と謳ってる不動産業者以外は出来なくは無いですが難しいです。


一覧に戻る