物件検索

property-search

物件検索

大手サイトを使えば、多くの情報が手に入ります。

家探しで満足するには、良い情報を数多く集めて、さまざまな人に相談し、比較、検討することです。

不動産の情報というのは、今はインターネットを使うのが最も多くの情報が手に入ります。また正確でもあります。

まだお気に入りの物件が決まっていないなら、信頼できる大手不動産検索サイトをごらんになって、お気に入りの物件をいくつか見てください。

お気に入りの物件が出てきて、実際に見てみたいとなりましたら、お気軽にお問い合わせください。

※物件探しにつきましては、下のサイトをご利用ください。

弊社からのお願い

物件の内覧を希望される前に立地、周辺環境、駅、学校、スーパーなどを、ご自身でご確認おねがいします。 物件は良くても周辺環境が、、、、という場合もありますので。

物件購入までの流れ

1.  物件を探す

物件の種別 ? 一戸建て、マンション、新築・中古などを決めてください。

2.  仲介手数料の有無を確認

無料診断フォームに、物件のアドレスまたは、詳細情報をご記入下さい。

例)https://suumo.jp/jj/bukken/shosai/JJ012FD001/?ar=030&bs=020&nc=80492511

物件のホームページのアドレスは上記のように最初から最後まで略さずに貼り付けてください。

仲介手数料が無料になるか、ならないのかのお見積もりいたします。複数物件の仲介手数料のお見積もりも可能です。

1営業日以内に、仲介手数料が無料になるかお見積もりいたします。お見積もり結果は、ご指定の方法にてお知らせいたします。

全ての物件が不動産仲介手数料無料ではございませんが、その場合でも仲介手数料は原則として半額とさせていただいております。

3.  物件への案内・内覧

ご希望の物件への案内をいたします。

4.  購入の意思表示・購入申し込み

物件を気に入り、そして購入を決めたのならば、購入申込書を提出していただきます。 これは売主に購入意思を書面で示すものです。

この書面をもとに、仲介業者が売主と価格を含め売買条件を相談して売買契約に移行します。この購入申し込書を売る側に提出しないと売買価格の交渉ができません。

5.  住宅ローンの仮審査の申込

購入する物件が決まれば、金融機関に住宅ローン申込の仮審査を依頼します。普通、約一週間以内に金融機関から融資可否の返答がきます(最終決定ではありません)。

6.  重要事項説明

重要事項説明は売買を仲介する不動産業者が宅地建物取引士をして物件に関する重要な事項を説明することです。

物件の概要、権利関係、代金の授受の方法、契約解除の場合の取決め等が書面に記載され交付されます。

7.  売買契約の締結

普通は、上記の重要事項の説明の後に行います。重要事項説明を十分理解したら売買契約書に記名押印し、売主に手付金を支払います。

契約締結後からはその内容に基づいて債務(義務)を履行することになります。

万一、住宅ローンの融資を受けられない場合、「契約を白紙に戻して支払い済みの手付金等を返還してもらう」とのローン特約をつけるのが一般的です。

8.  住宅ローンの本審査申込及びローン契約の締結

住宅ローンの本審査を申込み、承認を得ればローン契約を締結します。

9.  物件の最終確認

入居後の無用なトラブルを防止するために、売主の立会いのもとに物件の状態や境界を確認します。

10.  残代金の支払および所有権移転(金消契約)

残代金の支払いと同時に所有権移転登記申請を行い、売主から鍵を受取ることによって引渡しが完了します。

これで不動産の売買契約は完了となります。

諸費用と支払先

1.  登記費用 ⇒ 登録免許税、司法書士報酬
所有権移転、抵当権設定(住宅ローンを組む場合)、保存登記(新築の場合)物件の評価額、住宅ローン借入額によって変わります
2.  表示登記 ⇒ 土地家屋調査士
新築物件の場合に必要です。
3.  火災保険 ⇒ 保険会社
物件の構造、加入プランによって金額がかわります。
4.  固定資産税・都市計画税 ⇒ 税金
売主様、買主様で、決済日を以て日割り清算します。
5.  管理費・修繕積立金 ⇒ 管理組合
マンションの場合に必要です。
6.  売買契約書・貼付印紙 ⇒ 税金
売買契約書に貼付する印紙代です。
7.  金消契約・貼付印紙 ⇒ 税金
住宅ローンを組む場合に、金融機関と交わす金消契約で必要になる印紙代です。
8.  金融機関・事務手数料 ⇒ 金融機関
住宅ローンを組む場合に必要です。
9.  保証料 ⇒ 保証会社
銀行ローンの場合。35年返済で借入額100万円あたり約20,600円かかります。金利に含む事も可能で、その場合0.2%上乗せになります
10.  ローン事務手数料 ⇒ 不動産会社
住宅ローンを組む場合に、ほぼ全ての不動産会社で5万円~20万円程度請求されていますが、当社では無料でさせて頂いています。それにより、他社より金利優遇が劣ることはありません。
11.  仲介手数料 ⇒ 不動産会社
通常、3,000万円の物件で¥1,056,000円が必要です。当社では、無料か半額です。

不動産の購入では、このような諸費用が必要です。その中でも金額が大きい物が、仲介手数料です。他社で満額請求されるものを、当社では、無料か半額にて対応させて頂いておりますが、それを穴埋めするために別名目での請求は一切ございません。